江藤塾

メニュー

江藤塾 講座案内

思考力をつけるマンツーマン。

江藤塾では、大手プリント塾のような機械的なドリル式の指導はなるべく避けています。思考力をつける機会を損なって、勉強嫌いになるリスクが高いからです。例えば国語の学習ならば漢字の機械的な書き取りではなく、きちんと音読できて内容を答えられる読解力の要請が大事だと考えています。また漢字練習もなるべく、読解問題の中で身につけていただく授業をしています。算数においても、プラス、マイナス、イコールから、少数、分数まで、すべて「文章題を中心に」指導していきます。
この体制を維持するために、きちんと教師が一人一人の生徒さんをマンツーマンで指導します。また、中学受験で難関校を目指す場合には一応の目安として、3年生の12月までで小学校6年生までの算数教科書レベルをマスターすることを指導の目安としています(ただし、個人差が激しく後からグッと伸びてくる子もいるので、ゴールは中学受験ではなく、そのあとを見据えてなるべく指導させていただいています。 ・算数と国語は連動しています。
算数教室へ通わせたが「計算は確かに速く正確だが、図形も文章題も全然できるようにならない」
・・・そんな悩みはありませんか?
もちろん、基礎の計算力は必要です。
ですが「誰でも教師になれる」ような全国チェーンの教材を元にした指導では、
決して文章題と応用問題に対応できるホンモノの学力はみにつきません。
本当の基礎は単なる計算練習ではなく、思考力を元に計算を行える力です。
そのため、ジャンルに捉われず本の貸し出しなどを実施して「日本語を楽しく読める子」の育成に力を入れています。
これこそが、都立中高一貫や国立・私立中学受験の勉強の基礎になります。
また、学力の高い校区の区立中へ進学しても、中学の内容で成績上位に食い込む基礎になります。
■文章題=読解力・表現力テストを算数・理科・社会で答えられる児童の養成
算数や国語の本質は、速く計算が出来ることや、漢字を間違わずに書けることではありません。
もちろん、計算や読み書きの練習は必要です。
しかし、読んで理解して書けるというのが、IT化が進んで単純計算はコンピューター任せに出来る現代の必要な能力です。
そして、入試で問われているのもその力です。
典型的には小石川中の理科・社会の適性検査のような理科社会の内容に国語力と算数を総動員するような問題で、出題されています。

☆ 小学校4年生〜 中学受験

塾長が教務を統括して、全分野くまなくバランスを取って指導します。「塾教師」どまりでなく、記者経験を活かして国語・社会がけっこう最強に強いです(強いというのは厳しいという意味ではありません)。 中学受験コースでは、大手で手薄になりがちなR4や合不合で偏差値55ぐらいまでの中学を目指す場合に、志望校にあった最適なカリキュラムを組むことを強く意識しています。(開成・桜蔭などの最難関校と、それ以外の学校では勉強するべき内容も分量も違うのに、多くの大手塾でのカリキュラムが難関校にターゲットを合わせているーーそのため、ノーマルな中学受験生には最適と呼べなくなっているーーというのが問題意識の根底にあります。) 中学受験を選ばない場合は、戦略的に中学での数学・そのほかについて生徒の学力に合わせながら先取っていくことになります。またこの場合でも、国語の読解力はいずれ必要となってくるため国語については(適性を見極めながら)なるだけ高い学力を持ってもらうカリキュラムを組んでいます。

☆ 小学3年生〜 都立中高一貫校特化コース

都立中高一貫校、とくに小石川と両国に特化したコースです。適性試験で問われる国語分野の強化で読解及び記述、社会・理科分野の応用を強化します。 小学校3年から開講していますが、最初はドリルを解くような勉強は行なわず、オリジナルカリキュラムで適性試験に向けた日本語力の強化を行ないます。

途中で他の中学受験コースに変更も可能です。その場合も、国語や論理問題については他の中学受験志望者よりも進んだ状態でのスタートが可能です。具体的にいうと、有名科学者、例えばダーウィンの伝記(昨年出た、玉川大学出版会の改訂版が振り仮名など付いてよく出来ています。)を読んでもらいながら語彙をふやしつつ、ダーウィンの行った検証についてその「仮説」と「検証結果」を述べてもらうようなスタイルです。

☆ 英検 JET・TOEIC イングリッシュコース

現在、増加しているAOや推薦入試の判定材料として英検・TOEFL、JET(ジュニア版のTOEICです)などが参考にされています。大学受験では概ね英検で準2級から推薦入試でグッと有利になることが多く、準1級まで確保しておけばかなり有利になります。

また、TOIECについては基本文法が身についた上でないと伸びにくいと経験上感じています。具体的には、700まではG-MARCHでもいけるけれど、東大の中で出来る学生は問題集1冊をやって初回の受験で900を楽々と越えてしまいます(大学受験前に900を超える場合もあります)。 そして、これまでの観察結果から言えるのは高校までの長文読解力と、東大などの大学入試レベルで課されるリスニングの能力がそのまま伸びしろにつながる、ということです。なので当塾では、いたずらに高価なTOEIC問題集をやるのではなく、むしろ長い文をよみ、平易な長い文を聞くという大学受験に似た対策をくまなく、素直な指導法で行ないます。

☆ 小学生補習 宿題対策コース

少なくない数の生徒にとっては、小学生内容でも毎日の宿題・教科書の章末問題は意外に大きな課題です。特に公立のレベルが高い文京エリアではその傾向があります。公立校、国立・私立校それぞれ生徒の学力ごとにレベル分けをして、将来の受験の枠組みや内部進学のための成績確保を目指します。といっても奇をてらった課題を出すわけではありません。あくまでも「授業の1ヶ月先」くらいを進めて、精神的にも学力的にも余裕を持ってもらうのが塾の方針です。 ただし、指導していて見込みがあると感じられた場合には、小学校の教科書を準拠問題集とともに速やかに終わらせ、あらかじめ中学校の教科書を使用した指導を行ったり、あるいは学費が通常の区立中学と大きくは変わらない都立中高一貫校の受験もオススメする場合があります。いつまでもわかり切った内容を勉強し続けたり、あるいは「浮きこぼれ」するのは、本人の性格にもよりますが、もったいないことがあるからです。

☆高校受験対策講座

最難関校から、都立高校まで高校受験は「教科書に始まり教科書に終わる」のが特徴です。

☆中1〜中2
区立・私立・国立を問わず、どの学校に通っていても最も重要なのは「中間テスト」「期末テスト」の成績を上げることです。
というのは、毎回の定期テストの内容が、ほぼそのままほとんどの高校入試において出されるからです。
また、近年は一部の例外を除いて、都立受験でも私立受験でも高校入試では、内申点のウェイトが非常に重くなっています。
つまり学校の定期テストは「毎回小刻みに出される高校入試」です。(ただ、現在中学1年、2年の生徒が悲観をし過ぎることはありません。学校にも依りますが多くの場合、入試で採点対象となるのは3年生になってからの内申点だからです。つまり、今の成績が悪い場合、3年までに大急ぎで成績を取り戻せば良いのです。
また定期テストは勉強で最良のペースメーカーでもあります。
なので内申書をほとんど見ないタイプの私立高校を受験するとしても、学校の定期試験を現在の進度目安にしましょう。
実は高校受験というのは、大学受験や中学受験と違って、受験の内容と教科書の乖離が非常に少なくなっています。
従って、学校の授業を定期テストまでに消化して、中間・期末試験で良好な成績をキープしておくのが高校入試のために一番重要です
(これは国立中からの内部進学で、ふるい落としがある筑波大学付属や東京学芸大学付属でも同様です)。
区立中学生の場合に使用する教材は原則的に、どの科目も(学校から配られることの多い教科書準拠の問題集)+もう1冊ほどで足ります。
そして、成績を伸ばす王道は予習です。生徒の進度によっては前の単元でのミスを拾いながらやることになりますが、
「先取り」で「学校の授業を塾の復習にする」ことで学校の授業や宿題が今まで以上に分かる様になります。
すると、自信が付く、成績が上がるというループに入ります。
学校の授業にもよりますが、「復習」ベースの学習だとテスト対策で苦労をすることになります。
授業の範囲が終わってからテストまで1週間しかないなどということになり、フォローアップが時間的制約から難しくなりやすいからです。
ただし基礎知識の定着確認は怠りません。
英単語、計算問題、漢字は(授業ではなく宿題ベースで)かなりの量の課題を出していきます。
つまり
①授業で先取りの理解、
②学校の授業でその復習
③宿題で基礎知識の定着確認
④1:1または1:2の授業で応用問題をもう一度
⑤定期テストを迎える
というのが指導方針の軸となります。

☆中3
中3の1学期からは、学校の進度によりますが、随時志望校の過去問演習の比率が増えていきます。
ただし意外に、名門国立中学は「実験校」なためあまり受験対策の面倒見がよくないことは保護者さんのご存じの通りです。
なので一部の私立中から外部受験をすることになった場合以外には、教科書+準拠問題集+過去問というオーソドックスな流れです。
そして、やはり基本は学校の授業と教科書です。
例えば英語ならば1,2年の全部の単語を押さえていてミス無く和訳・英訳できるか、
文法を理解していて過去の定期テストで出題された作文を全部書けるかどうかのチェックに入ります。
やや難関、ぐらいにある一部の高校では入試で英語の整序問題などの「奇をてらった」タイプの試験を出したり、
数学でも非常な難問を出しますが例外です。
応用問題は数学で少し出ることがありますが、パターンから大きく逸脱した問題はありません。
教科書の基本に抜けが無い状態を理解できていれば、首都圏の高校で対応できない学校はありません。
当塾の役割りは「基本の理解」を手伝う、生徒をほめて自信を付ける、
オーソドックスに合格する勉強法で授業を行うということに尽きます。

☆高校生・大学受験講座

☆開講科目について
大学受験講座は原則として、英語、現代文、漢文、小論文専門の開講となります(中高一貫生を中心に、中学生の先取り受講も可能です)。特に英語は平岡、鉄緑、SEGのフォローとともに、それらの塾では物足りないという「ホンモノ」の生徒さんの指導も行っています。このフレキシビリティは個人指導を原則とする江藤塾ならではの強みです。
それ以外の科目は他の信頼できる専門塾を紹介して、そちらの受講をおすすめすることが多いです。

☆英語
高校の基礎から大学受験レベルまで、生徒の状況を見ての指導を行ないます。 当然ですが英語は大きくリスニングと読み取りから表現に別れます。 指導方針は大きく分けて、一部医大・東大の特化コースと、早慶そのほか一般的な大学の読解重視に別れます。 読解については両方に共通して必要な要素です。 特化コースでは順天堂大学などの一部、医大や東大コースで出される大量の作文対策と、一部大学のリスニング試験対策を含みます。

☆ 高認(旧大検)・通信制・そのほか独習コース

高卒認定試験そのものの対策から、「学校無しでの大学受験」まで対応します。ただし「気分がいま勉強に乗らないや」という時期等もあるかもしれませんので入塾するかどうかなどは塾生、保護者さんなどとじっくり相談の上でやっていきます(それでも、大学受験までは割となんとかなってしまうことも多いものですが)。

日本漢字能力検定